皆さんは、鼻や頬に詰まった毛穴の黒ずみ、どうやってケアしているでしょうか?

爪でガリガリ削り取る人、指でニュルーっと押し出す人、そして毛穴パックでごっそりと取り除く人・・・。

これらのやり方は即効性がますし、取ってすぐはとってもスッキリして気持ちがいいですよね!

しかし、そのやり方はお肌にとっては大きなダメージとなってしまい、あまりおすすめはできないんです・・・!

今回は、鼻や頬に詰まった毛穴の黒ずみの正しい取り方・ケア方法をご紹介!

誰でも簡単にできる方法なので、是非一度実践してみてくださいね♪



まずは「蒸しタオル」で固くなった毛穴を柔らかくする!

鼻や頬に詰まった毛穴の黒ずみの取り方、実はとってもシンプルなんです。

「毎日の夜の洗顔の前に蒸しタオルでしっかりと毛穴を開き、洗顔後しっかりと保湿をする。」

この方法が毛穴汚れを取り除きつるつるのお肌を手に入れるための一番の方法と言っても過言ではないでしょう。

毎晩、寝る前の洗顔の際に蒸しタオルを使い、毛穴をしっかりと開きます。

蒸しタオル以外にも「ゆっくりお風呂に浸かる」「軽い運動をする」といったお肌を温める方法も効果的です。

洗顔の際に固くなってしまった毛穴をしっかりと柔らかくすることで普通に洗顔をするよりも、より洗顔の効果を得ることのできるお肌が出来上がるのです。

これだけでもかなりの効果が見込まれますので、まずはいつもの洗顔に蒸しタオルを使う、というステップを増やすところから始めてみましょう!



毛穴ケアで重要なこと、洗顔は「落としすぎ」に注意!

洗顔の際、皆さんはどの程度汚れを落としたら「さっぱりした!」と言えますか?

やはり、一日に溜まった汚れは完璧に落としてお肌がキュッキュッとなるぐらいでないとスッキリはしませんよね。

しかし「汚れを完璧に落とす」ということはお肌に必要な皮脂を落としすぎてしまうということに繋がります。

必要以上に皮脂を落とされてしまったお肌は防衛本能が働き更に多くの皮脂を分泌し、余計に毛穴の黒ずみを増やしてしまうんです・・・。

つまり、毛穴の黒ずみを取るためには「落としすぎない洗顔」をすることが大切。

ゴシゴシと顔を洗うのではなく、たっぷりの泡で優しく肌の上でくるくると円を描くようにマッサージしてあげましょう。

こうすることで、顔の汚れはしっかり落とし余分に皮脂を取りすぎない、お肌に優しい洗顔ができるようになります。

すすぐときも熱いお湯ではなく少しぬるいと感じる程度(32度ぐらい)がベター。

あまり熱いお湯で顔をすすぐと、せっかくお肌に残っていた皮脂が流れ落ちてしまうので、最後まで気を抜かずお肌をいたわる洗顔を心がけてくださいね♪



毛穴の黒ずみのためには「しっかり保湿」でお肌をバリア!

洗顔後はしっかりとお肌を保湿し、お肌のバリア機能を高めてあげましょう。

これは、乾燥肌の方・オイリー肌の方共通。

洗顔後のお肌は、水分が蒸発しやすい状態になっていますので「すぐにベタベタになるから」と保湿ケアをしないと、お肌が余計に皮脂を生み出してしまう原因になってしまいます。

実は、オイリー肌だと思っていたら本当は乾燥肌だったという方も意外と多かったりするんですよ!

しっかりと保湿ケアを行うことで、肌が余計な皮脂を分泌しにくくなります。

そうすると、毛穴にも汚れが溜まりにくくなり黒ずみが少しずつ解消されていきます。

最初はベタついて気になるかもしれませんが、兎にも角にもお肌の水分を保つことは最重要項目です!

高い化粧水を買う必要はありませんが、化粧水を購入する際は必ず保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなど)が含まれたものを購入するようにしましょう。

ご紹介したことをまとめると、鼻や頬に詰まった毛穴の黒ずみを取るためには「落とす・取り除く」のではなく「増やさない」ということがカギとなります。

メイクのせいで目立ってしまうこともあり「すぐにでも取ってしまいたい!」という気持ちになるのはわかりますが、取り除くことで再びお肌が新たな黒ずみを作る準備を始めてしまうということをお忘れなく。



おわりに

毛穴の黒ずみを取るためには、毎日のケアの積み重ね、つまり忍耐が必要なのです。

パックで取るよりも数十倍時間は掛かりますが、時間を掛けた分溜まりにくい・黒くならない綺麗な頬・鼻を手に入れることができますので、是非皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。